iPhoneのカメラフラッシュが消えない! 点きっぱなし


こんばんは、スマートドクター神戸店です。
時々、iPhoneのカメラフラッシュがつきっぱなしになって消えないという症状のご相談を頂きます。

この症状の原因の大部分が「水没」なんです!

水没の修理の際も「電源は入っているんですけど画面が映らなくて......」とご説明頂くことがありますが、なぜ電源が入っていると思ったのか伺うとカメラのフラッシュが入っていることでそう判断してしまうようです。
そう思うのも仕方がないのですが、これよくある勘違いなんですね。
iPhone本体が起動しない場合でも、バッテリーに電力が残っているとカメラのフラッシュが消えない場合もあります
画像のiPhoneは水没してしまって電源の入らない状態ですが、フラッシュだけが点灯し続けていました。

IMG_2203.jpg


フラッシュがつきっぱなしだと鬱陶しいのはもちろんですが、高温になってしまうなど危険な点もあります。
Apple社がアナウンスしているiPhoneの動作保証温度0℃〜35℃。今まで問題なく動いていたiPhoneも高温になると壊れてしまうかも!


今回は内部の洗浄&パーツ交換で無事に直りましたよ!
もちろんデータもそのままです♪

修理の際は、スマートドクター神戸まで!
0120−766878

IMG_2204.jpg



全国発送対応

▲ PAGETOP