他業者で修理不可と判断されたiPhone 4S、スマートドクターなら直せるか!?

どうも、スマートドクター神戸店です。

本日ご依頼頂いたのはiPhone 4Sのガラス割れ修理。
いつものように修理のご案内をしていたのですが、「本当に直りますか・・・?」と不安気なお客さまです。
気になってお話を伺うと、他業者に持ち込んだものの修理不可だと突き返されてしまったとのことでした。

要約すると
「内部が錆びていて分解できない」
「メーカーで本体交換するか、新しい機種を買ってください」
という風に言われたそうなんですね。

「買い替えれば良いのはわかっているんですけど、中に入っているデータが大事なので」とはお客さまの弁。
データを残したまま修理できるというのは修理業者の強みで、重宝される大きな理由にもなっています。

確かに金属フレームが錆びてしまうと分解が困難になりますが、今までそれが原因で修理できなかったことはありません。
とにかく分解してみることに!

kobeblog072801.jpg


【あれ?】
修理を始めてまず気になったのは、パーツの配置が異なることでした。

kobeblog072802のコピー.jpg

上の画像、作業前と作業後で金色のパーツの位置が違うのがわかるでしょうか?
これはカメラとフレームの接触を調整する部品ですが、当店で分解する前は誤った配置でついていました。
細かいようですが、丁寧な作業とは些細な部分まで手を抜かず気を配ることだと思っています。

失礼ながら、以前分解された方はお客さまのiPhoneを大事に扱っていないという印象を受けました。

【問題の箇所へ】
kobeblog072803のコピー.jpg

「錆びている」と言われた原因と思われる箇所へ到達。
iPhoneの側面、ガラスとフレームを固定するネジですね。
確かに堅く錆び付いてそうだ・・・と、よくよく見るとネジ穴が潰れてしまっています。


無理矢理外そうとしてネジ潰しやがったな!!


言葉遣いが乱れてしまうほど、ワタクシ怒り心頭です。
全っ然iPhone大事にしてない・・・!

kobeblog072804.jpg

ちゃんとネジは外れました。
作業台の傷が奮闘を物語っていますが、執念の勝利ですね。
この部分以外に特に問題はなさそうなので、このまま修理を進めます。


【復活!!】

kobeblog072807.jpg

というワケで、無事に液晶交換完了!
しっかり起動もしてますね。

今回の件から得るべき教訓は、『諦めなければなんとかなる』でしょうか。

iPhoneの故障内容は多岐に渡り、確かに修理不可能な症状も存在します。
修理屋やメーカーで修理を断られた時は、1度当店にご相談ください。
その時その時のベストな方法を考えるお手伝いをさせて頂きます。

スマートドクター神戸
0120−766878



全国発送対応

▲ PAGETOP