突然の悪夢。iPhone5cの充電ができなくなっちゃった!


本日ご紹介するiPhoneの修理事例は。。。

ずばり!iPhone5cのLightningコネクタ故障による充電不良

いつものように目覚ましをセットして、充電ケーブルを挿して。

さて、明日も頑張るぞ!と思って眠りにつき、ふと目を覚ますと出勤時間ギリギリ。

なんで!?と思って、iPhoneを見ると画面は真っ暗、なにをしてもうんともすんとも言わずだんまりを決め込んだiPhoneさん。

職場でケーブルを挿してみても充電マークすらうつらない状態。

IMG_1310.jpgいよいよ困ったぞということで、当店にご相談頂きました。

こういった場合、考えられる故障パターンがいくつかあります。



まず1つ目、iOSの不具合

これはiOS7以降では頻繁にお問い合わせ頂く内容ですね。

ソフト的な不具合で画面が映らずの状態。

それでも、iOSの不具合の場合は着信音やバイブは機能するため、何も見えない画面でもアラームは鳴りますし、電話も出られます。

というわけで、今回の故障とは無関係。もしこのような症状になってしまったら、iPhone右上のスリープボタン(電源ボタン)とホームボタンを10秒以上長押ししてみましょう。すると、iPhoneが再起動していつものリンゴマークが表示されますよ!

もし、それでもなおらなかったら液晶破損のおそれがあるので、また別の修理へ。

そして2つ目、バッテリーの寿命

一概にどれくらい使っているから寿命だと判断するのは難しいですが、電池残量はあるのに急に電源が落ちたり、iPhoneが発熱して電池がみるみる減っていくなどの症状がある場合、バッテリー寿命のサインですね。

また、アップルのサポートサイトから、iPhoneの診断情報を送ってバッテリーの不具合かをチェックしてくれる機能がありますので、そちらも見てみるといいかもしれません。

最後に3つ目、ドックコネクター及びLightningコネクター(ライトニング)の破損

IMG_1312.jpg
今回のご依頼がこのパターンで、写真左がもともとのLightningコネクタケーブル、右が新しく交換するケーブルです。

この部分の故障は水没などによるものが多いですが、コネクターにつまったホコリや汚れなんかでも接触不良をおこしたり、非純正品のケーブルなどを使っていたりするとコネクターの端子を傷つけてしまって通電不良などがおこります。

充電するケーブルが断線してた!なんて、とほほなオチはあえて省いておきますね笑

IMG_1311.jpg
パーツを仮付けしてしっかりと充電するか、PC接続でちゃんと認識するかをチェックします。

チェックして完璧に動作を確認できたらいざ組み込み。

だいたい30分しないうちに作業終了してお渡しできます。

今回ご紹介したiPhone5c以外にも、他のiPhoneやiPadなどでもこのような故障事例はとても多いんです。

まずはスマートドクター神戸三宮店へ気軽にご相談下さい♪



全国発送対応

▲ PAGETOP