お風呂の時間にスマホは我慢!


みなさんご存知の通り、iPhoneには防水機能は搭載されていません。

ちなみに、iPhone7に防水機能が搭載されたと言われていましたが、完全防水ではありません!

Appleの公式HPにも「防水」とは記載されておらず、「耐水」と記載されているようです。

ですので、iPhone7を使われている方も水分には十分に注意してくださいね。


水没は本体が水に浸かってしまう以外にも、原因はいくつかあります。

夏だと、汗をかいた状態で電話をしている。
海やプールに持ち込む...。
冬だと、寒い場所から暖かな室内への移動など急激な温度の変化による結露。
雪山でのウインタースポーツ...。
などの原因が考えられます。


スマートドクタープロ神戸三宮店では定期的に水没修理の相談があるのですが、水に浸かった以外の原因として「お風呂での使用」が一番多いです。

使用方法としては、密閉できる袋(ジップロック)にiPhoneを入れて使用しているようです。


先日、急にホームボタンが使えなくなったとのご相談がありました。
内部を確認すると...。

ioregjsgioh


lshglfsfj


本体側にはサビが、ガラス側には水滴が付いています。
下の写真の水滴が付いている銀色のプレートの部分にホームボタンが付いているので、故障の原因は水没ということが分かります。


お話を聞けば、よくiPhoneをジップロックにいれたまま、お風呂で使用していたそうです。

なぜこの部分だけ錆びてしまったのかはわかりませんが、しっかりと密閉できていない状態で湯気が袋の中に溜まっていたなどが考えられます。おそらくずっと前から何度もiPhoneの内部には水分が入ってしまって、時間が経つにつれて内部がサビついてしまったんだと思います。

お風呂につかりながらゆっくりと、iPhoneで本を読んだり、動画を見たり、ゲームをしたい気持ちはわかりますが、iPhoneに防水機能
は搭載されていませんので、どんなに防水対策をしても本体に水分がかかってしまうと故障につながってしまいます。

iPhoneを故障させないために、お風呂での使用は我慢するのが一番の対策です!



全国発送対応

▲ PAGETOP