【速報】iPhone 6のフレーム画像入手! リンゴマークが光る!?


どうも、スマートドクター神戸店です!
9月下旬〜10月頃の発売が予想されているiPhone新モデル、通称 " iPhone 6 " の写真をゲットしました!
iPhone 5の発売から2年を経て新たなナンバリングとなる当モデル。
いったいどのような変化があるのでしょうか!?

背面画像
20140609045929.jpg


まず注目して頂きたいのは上下の部分。
なんと5、5Sにあった上下のガラスがありません。代わりにガラスがはめ込まれていた部分にラインが入っていますね。
気になるのはカメラフラッシュの部分が真円になっている所ですね。iPhone 5Sはフラッシュ撮影時の発色を調整する為にデュアルフラッシュを内蔵しており、レンズが縦長の楕円形になっていました。
新モデルではその辺りの問題は解決したのでしょうか......?
そしてなんと言ってもAppleマークが透明になっている所です!
当店でもiPhone 4 /4Sのバックパネル発光カスタムを行っていた時期がありますが、iPhone 6ではデフォルトでリンゴが発光するのかも!?
想像が膨らみます。

側面画像
20140609045921.jpg

こちらは側面の画像。今度のiPhoneはかなり薄いことが見て取れます。目測で7〜8mm程度でしょうか。
iPod touch 5gやiPad mini、あるいは旧世代のiPhone 3Gのように丸みを帯びた形になっているようです。
iPadのようにテープで固定するスタイルではなく、フレームの凹凸にはめ込んでネジで固定するiPhoneだとまた違った印象になりそうです。
カーブも心持ちキツめになっているように見えます。
向こう側に見える穴の位置から察するに、噂通りスリープボタンも側面に移動しそうです。


内部画像
20140609045913.jpg
  

さてさてお待たせしました内部の画像。修理屋的に1番気になるのはこの部分です。
今回も毎年の例に漏れず、ネジの穴が大幅に増えていますね〜、分解するのには骨が折れそうです。
Appleマークもやはり外側と繋がっているようで、発光への期待も高まります。
お手軽なカスタムとして、この窓の部分を加工して発光色を変えることができるかも......

私が注目するのは底の部分にあるとても小さな一対のネジ穴。
この穴のサイズはiPhoneのガラスを固定するネジのサイズと酷似しています。
今までは下側部についていた穴が移動してきたとすると、この意味は一体......?
もっと細部を検証したい所ですが、今回入手できた写真はこれで全てです。

新情報が入り次第お知らせしますので、待て、次回!!


全国発送対応

▲ PAGETOP